結婚がきっかけで25歳で福利厚生のいい会社から転職した女性の体験談

結婚を機に25歳での転職を決意

前職では、IT業界で法人向けの営業を行なっていました。取扱商材は幅広くあり、Iot関連を主に扱っていました。

25歳で転職を決めた一番のきっかけは結婚です。結婚をしてからも営業職を続けるのは難しいと感じていました。福利厚生はしっかりしていましたが、お客様ありきのスケジュールなので時間外勤務も予想されるし、主婦との両立は困難だと感じました。

転職先は事務系の内勤

内勤を選んだのは、働く時間が自分で決められることと、自分のやりたいことであることが大きな要因です。

家庭と仕事のバランスをとりながら、好きなジャンルの仕事ができればいいなと思っていたので選びました。

25歳での転職では勤務時間と業種を重視

転職のきっかけは結婚でしたので、家庭と両立のできる働き方ができなければ意味がありません。勤務時間は特に重視して転職活動を行いました。

転職先への希望
  1. 勤務時間です。固定された勤務時間は譲れなかったです。残業が多いのはまずNGでした。
  2. 業種です。自分のやりたいことができる業種ではないと、色々な部分は妥協できない、我慢できないと思いました。
  3. 社保です。福利厚生で、社保は最低限確保してもらえないと企業として信頼できないと思いました。

転職活動は「indeed」を利用して自分で応募

転職活動は在職中に行っており、テレビCMでやっていた「indeed」を利用しました。自分で仕事を検索して自分で応募する感じです。

書類選考に苦戦しました。10数社応募しましたが、通過したのは1社のみでその1社に内定を受けました。面接で質問されたことは以下の通りです。

Q1.転職を決めた理由は何ですか?
結婚を機に家庭との両立が必要になり現在の働き方でが実現できそうにないため。
Q2.なぜ営業をやめたいのですか?
残業はもちろん、休日でもお客様対応があったりと家庭との両立が難しいためです。
Q3.会社でどんなことをやりたいか?
内勤として事務系の仕事をメインでやりたいです。

退職については直属の上司に伝えましたが、話をそらされたので、直接社長に話をしました。

25歳での転職活動はポジティブな気持ちで臨んだ

転職活動は初めてでしたが、特に辛いことはなかったです。前の会社で働き続けるよりも新しい職場で働け得ることに対してポジティブに考えていました。

転職したことでマイナスの部分はありますが、それをカバーできるようにこれから頑張ろうと前向きに考えています。

転職活動で苦戦したのは「求人検索」

実際に働いてみないとどういう会社なのかわからないので、転職志望先の企業選びが難しかったと感じています。まずはHPを見て、ちゃんと運営している会社か判断しました。

実際に働いてみたらブラックだった。。。。なんてことにならないように、身近な人と相談しながら求人を探しました。

内勤スタッフになって仕事もやりやすくなった

転職先は営業と全く関係のない内勤スタッフですが、前の職場に比べてやりたいことができるようになったところが良かったです。

ただ、福利厚生に納得がいかない部分があります。ベンチャー企業だから仕方ない部分もあるかと思いますが、「危ないなー」と感じる時があります。

年収は確実に減りました。お金のことを考えれば損しかないなと思います。

転職活動では妥協点を持ったことも成功の秘訣

転職に成功できたのは、最低限の譲れない条件は決めたものの妥協をした点だと思います。どんなにいい会社でも自分にあっている会社とは限らないし、その会社で働いてみないと自分にあっているかはわからないです。

見栄を張らずにまずは挑戦して、譲れない部分をブレさせないでその会社でできることをやっていくのが大事だと思います。

未経験転職は「やりたい事か」が大事

未経験職に転職する場合は、「それが本当にやりたいことなのか?」「なぜその業種なのか?」を、きちんと考えることが大事だと思います。違う職種に転職するときはリスクが伴いますが、それが本当にやりたいことなら乗り越えられるはずです。

内定を取れたなら企業も未経験でも欲しいと思ってくれたということですし。最初は不慣れでも現場に入って周りを見て少しづつ成長して行けばいいと思います

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です