社内でいじめにあって転職を決意した20歳女性の転職体験談

女性職場特有のいじめに疲れ果て転職

20歳で保険会社に就職して、事務職としてはじめての配属先で女性社員の一部から激しいいじめに遭ったため、耐えきれずに転職を決意しました。喜怒哀楽が激しめで人の気持ちを理解することが苦手でしたがいじめられる程ではなかったと思います。

毎日電車の中で泣き、朝が来るのが怖くて夜も眠れずに限界となって無断欠勤をしました。そのままズルズルと休んでしまい、怖くて行くことが出来ず転職を決めました。

転職活動では給与待遇などを重視

転職では人間関係の改善は第一目標として、それ以外にも給与待遇やメリハリをつけ易い職場環境を優先して仕事を探しました。

転職先への希望
  1. 週休完全二日制。働くために生きている訳ではないのでしっかり休みたかったので。
  2. 手取り最低20万円。それ以下は絶対に嫌でした。
  3. 通勤時間30分以内。給料の出ない通勤、退勤時間は無駄なものだと思うので。

転職活動は退職後。事務職の経験を活かしてIT系へ異業界転職

就職してそこまで日が経っておらず、あまり貯蓄はなかったのですが、会社に通いながら転職活動はとてもできる状況ではなかったので、退職後に転職活動をしました。

退職は直属の上司にいじめの件を説明して「気付かずに申し訳なかった」と謝罪されて去りました。逃げ出すように退社したので、残った仕事は山積みだったので円満ではないかもしれません。

無職の期間を長く続ける訳にもいかなかったので、手当たり次第に応募して一番最初に内定が決まった「IT系企業」に転職を決めました。

転職活動は「とらばーゆ」を利用して自分で応募

転職活動は退職後に行っていたのですが、ハローワークにあまり行きたくないこともあり、家で求人検索を行いながらの活動でした。

とらばーゆに登録して「適職診断」を受けたりしながら、応募先の求人を決めていきました。事務職は淡々と仕事ができるのが好きだったので、事務職で3社に応募しました。

3社とも書類選考に通過し、内定までいただききました。

Q1.転職理由は何ですか?
社内でいじめにあっていたことを素直に話しました。
Q2.自分のアピールできるポイントは何ですか?
あまり覚えていませんが、仕事をそつなく慎重にこなせると説明したと思います。
Q3.どんな仕事をしていたか?
事務職です。
Q4. 入社したらどう活躍できるか?
持っている資格などの情報とスキルを話しました。

退職後の転職活動が精神的に辛かった

無職になってから転職活動をしたので、とにかく早く職につかなければいけないと必死でした。幸い早い段階で決まりましたが、ずっと決まらなかったらと思うとゾっとします。計画性のない転職はもうしないと心に誓いました。

中途採用試験では面接が最も厳しかった

転職活動で最もきつかったのは面接です。人見知りなので面接が本当に地獄でした。どもってしまうし、思ったことを全て話すことが出来ずもやもやした気持ちで終わってしまうことが多かったです。

自分のことをアピールすることがとても苦手で嫌でした。

転職していじめはなくなり仕事にゆとりができた

転職先の女性関係がよく、いじめはなくなりました。割と自由にお仕事させてもらうことができているのも嬉しいです。

いじめはなくなったのですが、代わりに男性社員からのセクハラを受けています。今度は逃げ出してはいけないと我慢しているが辛いです。

社長との相性がよかったのが採用の決め手

気を悪くしないで欲しいですが、正直転職できたのは若さと容姿だと思っています。転職先は女社長なのですが、本当の娘のようにかわいがっていただけます。

「可愛い子にはおしゃれさせたい!」と言って服やカバンなどを買っていただいたりしています。社長の好みの容姿だったのではないかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です